ライン

Q. 現在、LSの規約でMM外で参加禁止されている活動を教えてください。

A. 参加が禁止されているの活動は「エインヘリヤル」攻略のみになります。
  上記活動は、MMで重点を置いている活動のため、MM外での参加を禁止
  させていただいています。

ライン

Q. 現在、HNMLSに所属しているのですが、MMに応募できるのでしょうか?

A. 可能です。
  いかなるリンクシェルであっても掛け持ちは可能です。
  ただし、前述の活動に参加することは禁止させていただいています。

ライン

Q. トリガーを使用しない場合は、「帝龍降臨」に参加してもいいのでしょうか?

A. はい、構いません。
  フレンドの手伝い、野良募集での参加など自由です。

ライン

Q. 現在重点を置いている活動はなんですか?

「ヴォイドウォッチ」「アビセア(五行型紙取りやエンピリアンウェポン素材取り)」「ウォークオブエコーズ」「デュナミス」「エインヘリヤル」「ルモリア」です。
 空いた時間に「神印章99BC、地上トリガーHNM」などをやっています。
 これらはバージョンアップに伴い変更されていく可能性があります。

ライン

Q. 空活動や時間POP系HNMは行わないのでしょうか?

A. LSとして率先して行うことはありません。
  これらの活動は、メンバーの希望者がPOP時間またはトリガーを準備している
  場合にLSとしてフォローする形で実施しています。

  しかしながら、LSとして率先して行ってはいないため、
  上記活動のアイテムを主に希望する方は、希望のアイテムを
  入手するまでに多くの時間がかかることが予想されます。

ライン

Q. 応募にジョブの制限はありますか?特に募集しているジョブなどはありますか?

A. 応募に際し、ジョブの制限はありません。しかし、ジョブも選考の一要因となります。

  MMとして特に募集しているジョブは、「イージスを所持もしくは目指しているナイト」、
  「ギャッラルホルンを所持もしくは目指している吟遊詩人」です。

ライン

Q. ポイント制度とのことですが新規で入団しても既存メンバーとの
  ポイント差が大きすぎて戦利品の分配は、なかなか受けられないのでは
  ないですか?

A. MMでは、ポイントの過度な保持が出来ないようバランス調整しています。
  例としては、過去に取得した保持ポイントに対して2週間ごとに7%のポイントが
  減少するシステムとなっています。
  また、早くアイテムを取得するほど大きなポイントが必要となっています。

  これらの仕様により参加期間、参加率による保持ポイントの大きな差は
  つけ難くなっており、現在のバランスですと何か分配を受けるとメンバー間の
  ポイント保持数の順位変動が発生しやすいようになっています。
  欲しいアイテムやポイント消費状況にもよりますが、活動時間に対する
  参加率が7割ぐらいと仮定した場合、数ヶ月ほどで既存、新規といった
  状況による差は無くなると思ってください。

ライン

Q. ポイントは全活動で共通ですか?

A. はい、そうです。
  そのため、エインヘリヤルのみの参加となった場合、ポイントを獲得するという
  点においてすべての活動に参加している人より不利になる可能性があります。

  すべての活動において自由参加ですので、好きな活動のみに参加しても
  構いませんが、ポイント面から不利になることはご了承ください。

ライン

Q. 活動への参加を強要されたり、携帯電話での呼び出しなどはありますか?

A. そのようなことは一切ありません。
  MMの正規メンバーになった後であっても原則として活動への参加は自由です。
  活動に参加せずにレベル上げ、フレンドとの交流などをおこなっていただいても
  まったく問題はありません。
  ポイント制度を採用しているので参加しなければその分のポイントが
  加算されないだけですので参加不参加に関してはメンバー個人の裁量に
  全面的にゆだねています。
  
  携帯電話などについては、携帯電話番号に限らず、原則としてMMというLSが
  個人情報に関わることをメンバーに尋ねることは一切ありません。
  メンバー個人間の交流の上でそういった個人情報を教えあうことを
  禁じているわけではありませんが、強要は認めていませんし、あくまで
  自己責任の上で判断して行動してもらっています。

ライン

Q. 上記の答えで定期的にポイントが減少するとのことですが、都合により
  長時間参加できない場合などは戻ってきたときに貯めたポイントが
  0になっていたりもするのでしょうか?

A. 「Depop」ステータスシステムというものが用意されており、
  長期に参加できない場合は、メンバー自らがDepopステータスを宣言することで
  定期のポイント減少を無くすことが出来ます。
  そのかわり、Depopステータスのメンバーは、活動参加時に得られるポイントが
  少ない、アイテム分配に制限がかかる、などのデメリットも存在しています。
  Depopステータスの解除も任意であり、活動に参加できるようになった時点で
  解除すれば、活動参加時に得られるポイントは即座に元に戻りますし、
  解除後10回の活動参加でアイテム分配の制限も解除されます。
  Depop宣言が無い場合でも活動不参加期間が一ヶ月半を超えた時点で自動的に
  Depopステータスとなります。
  このDepopシステムは、あくまで長期間活動に参加できない場合の
  ポイント保護措置であり、デメリット無しに定期ポイント減少を
  免れる手段としては使えないように設定されていますので注意ください。

ライン

Q. ポイントによる分配でギル(お金)を希望することはできるのでしょうか?

A. ギル分配もおこなっています。
  1ptsあたりのギル換算値は経済情勢に合わせて調整しており、分配できる
  ギルの総量はMMの経済状態によって設定しています。
  しかし、アイテムの相場を考えた場合はアイテムの分配を直接受けたほうが
  有利な条件となるよう設定されています。

ライン

Q. MMを退団する場合、分配を受けたアイテムは返却しないといけないのですか?

A. 原則として返却を要求することはありません。
  ポイント制度を採用している為、活動に対する貢献度をポイントとして配布し、
  それを消費してアイテムを分配しているという形なので、すでに成された
  貢献に対する正当な代価という考え方です。
  ただし、前述したとおり、ギル分配に比べてアイテム分配は一般相場より
  有利な条件で消費ポイント設定をしている為、MMに所属している限り、
  分配品の売却を禁止しています。

ライン


HOME